島根県~遷宮前の出雲大社を訪ねる

IMG_3828

出雲蕎麦を食べる旅のついでに、出雲大社へやってきた。伊勢神宮には毎年参拝しているが、こちらは初めてなのです。平成25年は、60年に一度の遷宮の年というこでもあるのでまたとない機会だ。JR出雲市駅から路線バスで20分ほどで参道近くまで来ることができる。
大鳥居をくぐり、やや下った坂の参道をまっすぐ進む。大社の裏山にはもやがかかり、神々しいさを感じる雰囲気がある。

IMG_3833

こちらは拝殿。御本殿はこの奥にあるそうだがそこまでは入れなかった。遷宮の関係なのか工事中でした。ところで、一般的に神社に参拝するときは、二礼二拍手一礼だが、出雲大社では二礼四拍手一礼なのです。この点注意してください。神様からよく分かってない奴と思われると願いを聞いてもらえない可能性があります。

IMG_3845

IMG_3847

さて、誰もが日本史で学んだ、有名な「古事記」が編纂されて1300年だそうだ。古事記に記された神話の1/3が出雲が舞台ということで、遷宮の時期と相まって島根ではちょっと盛り上がっている。
神話の中の話で、毎年旧暦の十月には八百万の神々が出雲に集まり、男女の縁などについて会議をされるらしい。そこから、出雲大社は「縁結びの神」として知られることになったそうだ。良いご縁がありますように、との願いがこのおびただしいおみくじに込められているのだろう。雨の中でも、参拝客は女性が多かった。

IMG_3856

IMG_3870

帰りは、趣向を変えて電車で帰ることにした。一畑電車の出雲大社前駅から、JR出雲市駅までは約20分。

IMG_3886

この日は一日小雨の降る天気だったが、駅前の宿泊ホテルに戻ったときにはご覧のように、神々しい空が現れた。

IMG_3894

 


大きな地図で見る

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。