福井県~厳選の小鯛の旨みが凝縮した「津田孫兵衛の笹漬け」

さて、福井市内からグッと南下して若狭湾に面した小浜までやってきた。若狭湾は日本海の暖流と寒流がぶつかり合う魚の宝庫なのだ。小浜は京にも近く、昔から小浜で獲れた若狭がれいや若狭ぐじ(甘鯛)に一塩し、京まで運んだそうだ。京に着くころにちょうど良い塩梅になるってことで小浜の魚は重宝されたとのこと。

IMG_3275

 

小浜では、元禄時代から続く老舗「株式会社津田孫兵衛(屋号はかぎ孫)」さんを訪ねた。笑顔が温和な津田信一社長と、奥様の津田珠美常務にお話を伺った。

IMG_3404

津田孫兵衛さんでは、小浜に揚がった旬の魚で味噌漬け、粕漬けなどさまざまな加工品を作っている。中でも今回注目したのは“小鯛の笹漬け”だ。連子鯛という小さな鯛を使うのだが、特に小さいものを選りすぐり(皮が薄く、味も繊細なのだ)、塩、酢、本味醂も厳選した逸品なのだ。

↓続きはこちらからどうぞ↓
津田孫兵衛 小鯛笹漬 大樽 匠プレミアム 2個セット

IMG_3316

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。