福井県~福井県民のソウルフード“ソースカツ丼”を食す

IMG_2919

今回は福井県です。県産地物の玄そばを使った旨いそばと、若狭湾に揚がる魚で作る伝統的な特産品を見にきた。そして食事はいつものことながら、その地の旨いものを必ず食べたい私は、早速街に出て旨いものを探して徘徊するのでした。まず一軒目は「ヨーロッパ軒総本店」へ。いまや福井のソウルフードとして全国区に知られるようになった“ソースカツ丼”で有名な店だ。福井に来るのは今回3度目なので、ざっくりと福井の名物は知っているつもりだったがヨーロッパ軒のソースカツ丼は初めてです。ご存知でない方のために一応説明すると、一般的なカツ丼はとんかつを卵とだしでとじるものだが、福井のソースカツ丼は違う。写真のように薄めにスライスした豚を細かいパン粉をつけてカツにし、そのカツをソースに潜らせたものをドンっとご飯の上に乗せたものが基本なのです。このようなタイプのカツ丼は、福井以外にも会津、駒ヶ根、新潟、群馬などに存在する。おそらくウスターソースの広まりと共にそれぞれの地で独自にソースカツ丼文化圏が形成されたんではないだろうか、と想像する。

IMG_2920

 

こちらヨーロッパ軒のソースは酸味と塩気が程よく、カツ全体をソースが覆っているにもかかわらずゴッテリしてなくて食べやすい。パン粉もキメが細かいのでソースも薄く全体に染み込んでクドさがない。ウスターソースの酸味の角が取れてるので色々調合してるのだろう。下の写真のようにご飯にもソースが行きわたり、カツ+ソース+ご飯が一体となっておいしい。

IMG_2923-2

ちなみに、こちらヨーロッパ軒さんでは「パリ丼」なるメニューもある。パリ丼はメンチカツをソースに潜らせてご飯の上に盛った丼で地元の方に人気があるようだ。

IMG_2925

【ヨーロッパ軒総本店】
福井市順化1-7-4


大きな地図で見る
続いてソースカツ丼2連発食べ比べ。福井市役所近くの「吉ちょう」へ。こちらは普通のソースカツ丼もあるが、嗜好を変えて「マヨカツ丼」をオーダー。マヨネーズが満遍なく覆っている。ヨーロッパ軒と違いソースは潜らせるのではなく、上からかけている。

IMG_3480

IMG_3486

マヨネーズのこってりさが重いかな、と思いきや、カツとご飯の間に挟まれるようにキャベツの千切りが敷かれていて、バランスが取れるようになっている。ヨーロッパ軒に比べるとパン粉は粗めでカツも厚い。このように一口にソースカツ丼といっても各店でソースの調合も違うので食べ比べてみるのも良いかもね。

IMG_3488

【吉ちょう】
福井市大手3-4-1放送会館B1F


大きな地図で見る

 

ソースカツ丼は昼ごはん向きなので、次回エントリーでは福井夜の部を書きます。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。