鹿児島県~うまいものの宝庫、鹿児島を食い尽す!

IMG_3585

鹿児島県農産加工推進懇話会さんの講演会は、あり難いことに聴講いただいた皆さんの反応がよかったのでした。講演後の名刺交換でも多くの方とお話する機会をいただいた。その中のお一人、株式会社寿草の黒木社長とは商品のネーミングやパッケージはどんなものが良いか?など、話が盛り上がる。寿草さんは九州の特産を活かした健康食品を扱っており、沖縄にも販路を持っているそうだ。私、鹿児島にツテもないので、黒木社長に聞いた。
「鹿児島の郷土料理でうまい店どこですか?」
「なら、ここがいいよ」
ということで教えてもらったのがこちら「熊襲亭」だ。「さつま路」というお店も同時に教わったのだが、胃袋は一つしかないので、「熊襲」という語感に惹かれ深くも考えず熊襲亭をチョイスした。

鹿児島の郷土料理をひと通り食べれるという「尊」コースをオーダーする。そのうち特に美味しかったものをピックアップ。

まずはきびなごの刺身。小さな魚だが、わりと身の厚さがあり、ほのかな甘みが美味しい。非常に柔らかい魚なので痛みやすく県外にはあまり流通しない。

IMG_3594

定番の酢味噌に付けていただく。

IMG_3599

お次は、黒豚の「とんこつ」
鹿児島ではメジャーな料理だそう。家庭でもお袋の味、的な位置づけとのこと。骨付き肉をとろっとろになるまで煮込んである。煮汁もとん骨の旨みが出てうまい。

IMG_3602

骨がついているが、ほろほろっと口どける。美味しゅうございました。
今度は「さつま路」にも行ってみたい。

IMG_3605

【熊襲亭】
鹿児島県鹿児島市東千石町6-10


大きな地図で見る

私、出張に出ると夜の食事を一軒で済ます、ということはまずない。必ずハシゴするのです。鹿児島は銘柄牛、豚、鶏など豊富な畜産県なのだが、実際、地元の人は豚を食べる機会が多いという。なので、黒豚も食べておきたかった。黒木社長にしゃぶしゃぶでオススメのお店も聞いた。
教えていただいたのは「一二三」「寿庵」「あぢもり」
「一二三」は東京にもあるそうなので、狙いは「あぢもり」か「寿庵」だ。まず、あぢもりに向かう。しかし残念なことに軒先の看板に20時までに入店しないといけない、と書かれている!既に21時近く。第二候補の寿庵に向かう。こちらは鹿児島中央駅の裏手にあるお店だ。

IMG_3613

寿庵さん店舗外観は家族連れでも入りやすそうな雰囲気。

IMG_3624

お目当ての黒豚しゃぶしゃぶをオーダー。地元鹿児島では名前の知られる渡辺バークシャー牧場の黒豚を使用しているそうだ。やっぱり黒豚は脂だな。脂がうまい。さすがにこの日は喰い過ぎました。

IMG_3626

【寿庵 鹿児島中央駅西口店】
鹿児島県鹿児島市武1-3-1


大きな地図で見る

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。