鹿児島県~懐かしい!子供の頃に食べた菓子のルーツを訪れた。

IMG_3695

“くろず”の坂元醸造さんに続いて、鹿児島を代表する菓子メーカー「セイカ食品株式会社」さんを訪ねた。セイカ食品という社名を知らなくとも、この「ボンタン飴」をご存じの方は多いのではないだろうか。私は四国出身だけれど子供のころよく食べた記憶がある。文旦果汁をたっぷり含んだ水飴ベースのねっとりした飴とその周りを包んだオブラートの味。あ~懐かしい・・・そうこれは鹿児島発祥のお菓子なのだ。なんと1926年(大正15年)発売の超・超ロングセラー商品だ。
そして、下の写真は“白くま”というアイス。元を辿ると鹿児島天文館あたりで有名な、練乳がたっぷりかかったかき氷だ。その家庭用アイスバージョンがこれ。ラインナップは多く、フルーツたっぷり盛り込んだ豪華バージョンもある。セイカ食品さんは飴・キャラメルだけではなく、このようなアイスでも県内シェアが高い。

IMG_3583

 

ボンタン飴と並んで鹿児島県内でメジャーな“兵六餅” これは初めて見た。ねっとりした飴のベースはボンタンと同じだが、兵六餅は抹茶風味だ。若干大人の渋い味わい、といったところか。

IMG_3675

懐かしさ満点の伝統的なお菓子作りをされているセイカ食品さんだが、新商品開発にも力を入れている。大手NBメーカーにはない視点で、南国鹿児島ならではの商品開発に期待したい。

IMG_3679

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。