長野県~桜の咲き誇る松本で旨い蕎麦を食べた!~

今回は信州安曇野の小松種鶏場さんに、「岡崎おうはん」卵を見に来た。やっぱり信州といえば「そば」でしょう!ということで1日に3回そばを食べたのだけれど、そのうち特にオススメの2店をご紹介。実はわたくし、うどん党でして、そばはあまり詳しくないのですが、そんなわたくしでも美味い!と思った2店なのです。

まず、こちら「もとき」
松本市内の散策がてらに寄れるお店だ。

こちら「もとき」さんのそばは地元の農家から買い付けているそうだ。そのそばを30%、まで磨くことで、味に雑味のない中心部分だけを使用しているとのこと。

 確かに、透明感のある麺だ。コシも絶妙でとてもうまい!と感じた。

【もとき松本開智店】
長野県松本市開智2-2-32

大きな地図で見る

そして、お次は「野麦」さん。
こちらも、相当のこだわりがある御そば屋さんの様子。そばは長野県辰野町小野地区の地粉だけを使用して石臼で挽いているそうだ。この石臼で挽く、というのが大変で、一日に提供できる数が相当限られる。なので、売切れ次第店じまいするので行かれる方は時間帯にご注意。

メニューは「そば」と「かけそば」のみ。九割で細麺だ。

「もとき」さんとは全く違うそば。繊細さがあるがそばの風味が豊かだった。
スルっと食べてさっとお店を出る。そんなスタイルのそば屋さんだ。

【御そば処 野麦】
長野県松本市中央2-9-11

大きな地図で見る

そば好きはもちろん、そうでない方も一度は訪れて損はないですゾ!

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。